就職活動がなかなか身を結ばない。面接で失敗する人、書類審査で落ちる人、理由は様々です。就職活動を続けていく中で失敗に慣れてしまって自信と余裕を無くしてはいませんか?

就職難で自信を無くす男性

DTPオペレーターの仕事はフリーターでも就職可能

DTPオペレーターはデザイナーが作成した雑誌の広告などに関して、専用のソフトを使用してパソコンに広告の内容をデータとして作成する仕事を行います。パソコンに出力する際に図面に出ているフォントを調整したり、追加としてイラストを埋め込むなどの作業に従事する事が特徴です。基本的なデザインに関してはデザイナーが担当するので、DTPオペレーターはユーザが見やすいようにパソコンで図面の修正をしたり、表示しているデザインに関して見映えを良くする作業を行います。DTPオペレーターに従事する為には、デザインなどの資格を必要としないので、フリーターとしてでも作業に取り組めます。フォトショップなどのソフトの扱いは、求人に応募する時点で使いこなせなくても大丈夫ですが、1ミリ単位の緻密なミスも許されないので、繊細な作業が得意な人に向いています。基本的にデザイナーから仕事を請け負いますが、取引先に期限内に提出するなどの事情がある事を考慮して、定められた納期までに素早く仕上げる意識を持つ事も大切です。正社員として就職して作業を行っている人も多いが、自分の夢を実現するなどの目的の為にフリーターとして従事している人が多いです。デザインの仕事に関係する業務を行う特性があるので、フリーターとしてDTPオペレーターの仕事に従事していたら、将来的にはデザイナーなどの分野で就職する事も可能です。フリーターとして入社した後にソフトが丹念に扱える事を考慮して、イラストレーターなどのソフトを扱える認定試験を受けたり、DTPオペレーターに関する検定試験を受ける人も存在します。フリーターから正社員として就職する場合、広告や企画などの業種へ転向する事も可能です。