就職活動がなかなか身を結ばない。面接で失敗する人、書類審査で落ちる人、理由は様々です。就職活動を続けていく中で失敗に慣れてしまって自信と余裕を無くしてはいませんか?

就職難で自信を無くす男性

CADの仕事は就職や内職に役立ちます

設計士が作成した設計図に関して、専門のソフトを活用してパソコン上で図面を仕上げていく作業を行う事がCADの仕事の特徴です。基本的に平面の図形を取り扱っていたが、最近は立体化が進んでいる事で立体の図面もオペレーターが扱っている傾向です。住宅などの建物を始めとして、最近は製造現場で用いられている機械や自動車などの多種多様な物までCADで取り扱っている事が特徴です。CADのオペレーターとして就職する為には、オペレーターなどに関連した資格などを持っている必要がないが、製図の作成の経験があったり、資格を持っている人は即戦力として採用されやすいです。未経験者でも事業所によっては応募が可能ですが、生活の場でCADを扱える人を優先に採用しやすい傾向です。正社員として就職すると、業務に関して未経験者の場合は会社でパソコンやソフトなどの扱い方の研修を行って、即戦力に向けて図面を作成しながらスキルを磨きます。パソコンや専用のソフトの使い方が堪能になると、将来的には内職として自分のペースで業務を展開する事も可能です。業務に求められる能力として、基本的には図面を仕上げる際の正確さと速さです。パソコンを使って書いた建築物は細部に渡って正確性が求められるので、図面を作成する時にズレを生じさせない程の作業のスキルが求められます。就職してから設計などのスキルを会社で磨いた後は、自宅で内職をして稼ぐ事も可能です。最近はクラウドソーシングのサイトなどを利用して、CADの内職を手掛けている人も増えています。CADの資格を持っていたり、業務の経験を持っている人で自宅でしか仕事が出来ない場合、正社員として就職をしないで、あえてフリーランスとして自宅で業務を手掛ける手段もあります。