就職難に立ち向かおう!

就職活動がなかなか身を結ばない。面接で失敗する人、書類審査で落ちる人、理由は様々です。就職活動を続けていく中で失敗に慣れてしまって自信と余裕を無くしてはいませんか?

就職難で自信を無くす男性

就職活動で失敗する様々な例

就職活動をしていると様々な失敗を経験します。その失敗を活かし次の時に成功させることが出来るように、就活生がおもにどんな失敗をしやすいかを把握しておくと、自分なりに対策を立てることも出来ます。どんな場面で失敗しやすいか、どんな人が就職活動で失敗しやすいかを研究しておくことも良いかも知れません。一番失敗が多い場面というのは、やはり面接時における失敗でしょう。その原因としては事前に行う情報収集が十分に出来ていないことにあります。まず面接を受けるその会社についての情報は押さえておきましょう。ホームページがあればひととおりサイトの内容を確認しておく必要があるでしょう。またその会社への志望動機もしっかりまとめておきます。面接当日に上手くまとめようと思っても、なかなか難しい状況にあります。面接以外の場面においても、就職活動全体に言えることですが、新卒見込の就活生は社会人としてのマナーについて不十分なところがあり、応募から採用後の入社までにおける言葉遣いやマナーについての不十分さから相手先の企業から好印象を持たれないことがあります。敬語の使い方や履歴書の書き方からも、マナーについてもわきまえ方ははっきりと表れます。それは面接の時ではなく応募の段階からはじまっていることであり、こうしたマナーについての勉強は本やインターネット上からの情報を入手することで自分自身で勉強することが出来ます。履歴書を書くときや面接で応答する際に大切なこととして、自分自身の特徴についてもしっかり知っておくことがあります。自分の長所や短所を押さえておくことはもちろん、面接時の自己アピールも積極的に行えるほどが、相手の面接官に十分な印象が伝わります。自分自身について分析することも重要です。

人事担当は就職希望者のどこを見ている?

就職をすることが難しい時代になっています。アルバイトや臨時職員のような非正規であれば仕事を探すことはそれほど難しくはありません。しかし、非正規の場合は収入が安定していないので、生計を立てていくうえでは厳しいものがあります。そのため、正社員として就職することには意味があります。そこで、正社員として就職するためには、うまく自分をアピールして、いかに自分がその会社の役に立つのかをアピールしていかなくてはなりません。もし、同じような経歴の人がいたとしたら、アピール力が上の人のほうが有利になるでしょう。そして、上手にアピールをするためには、人事担当の人がどのような点を見ているのかということを意識しておくことは重要です。では、どこを見ているのかといえば、これは会社ごとの個性であって一様ではありません。そのため、志望する前には口コミ等で、どの点を重視されているのか、過去に面接を受けた人がどのような面接だったのかを調べておくと良いでしょう。会社によっては人柄をまず第一に見るところもありますし、経歴を重視するところもあります。また、資格の有無を見てくるところもあるでしょう。それらを調べたうえで、適切な面接対策をしておくと、就職が成功する可能性が高まります。一つ注意点としては、志望する業界についての情報はしっかりと頭に入れておくべきであるという点があります。単に採用されやすそうだからといった理由で志望すると、その職にどうしてもつきたいというわけではないことが伝わってしまい、不採用になってしまいます。逆に、面接でもその業界についての知識を調べていることが伝われば、誠意があると判断してもらえて有利になります。

受身だとまず成功しない就職活動

就職活動というのは受け身では成功するものではなく、積極的に売り込まなければ採用を勝ち取ることができません。多少状況が良くなってきたといっても、買い手市場の今では相手はいくらでも人を選ぶことができますから、採用をしてもらえると嬉しいというように相手から選んでもらうのを待っているような人は余程能力があるような人でなければ、難しいものとなっています。同じような商品があった場合に、積極的に利点をアピールして売り込んでくるのと何もせずに相手が手にとってくれるのを待っているのであれば、当然前者のほうが売れやすいものですから就職戦線というのもそれと同じものとなります。言葉は良くありませんが就職をするためには、過剰なセールストークをして押し売りをするような図太さというのも必要なものとなっています。日本というのは正規雇用をしてもらうことができる可能性が非常に低い一方で、一度正規雇用になれば簡単に解雇されるようなことがありません。そのため、採用されてしまえば勝ちのような部分がありますからそのようなやり方に後ろめたさを感じるにしても、今の時代の競争を勝ち抜くためには自らをやたら大きくさせて売り込むことをしなければならないのです。もちろん、あまり過大なことをいって実際に採用されて働き始めて何もできないとなると、困るのは本人ですからある大風呂敷を広げすぎるのは問題ですが、多少話を大きくいう分にはそれもひとつの戦略といえます。アンフェアな手段のように思われるかもしれませんが、このような部分に関しては相手も承知のうえですから、受け身にならず積極的に自らをアピールして採用してもらえるように活動をすることが大切です。